2017年06月02日

守備走塁指標から見るセパ格差

DELTAが公開しているSABER系の指標を見ていて面白いことに気付いたので備忘録的に書いておく.守備および走塁において脚力が重視される部門では全てパ>セなのではないか,と気付いた.すでにネット上で言及があるかもしれないが,調べてない.
 DELTAで公開されている様々な指標はセパ別に計算されているものと12球団合算のものがある.例えば交流戦までの投球および打撃の指標は,セ(またはパ)の打者がセ(またはパ)の投手としか対戦しない以上,リーグ内での相対的な価値を示している(WPAなどの例外もある).一方で,UZRやBSRなどの守備および走塁の指標は12球団合算で,12球団内での相対価値を示すようになっている.そこで,12球団合算の指標を見ることでセパの格差というか能力傾向の違いが見えるのではないかと思った.
 これを踏まえて,リーグ内6チームを合計した成績をセパで見比べると面白いことがわかる.まず,UZRがセよりパの方が良い.内訳を見ると,守備範囲であるRngとエラー回避であるErrにおいてパが良くて,一方で併殺完成のDPRや外野手の肩を示すARMではセに分がある.なるほど,パは守備範囲は広くて堅実に打球を裁くが,併殺を取ったり走塁を抑止する肩の面では劣るのだな,という結論に飛びつきたくなる.
 だが,ちょっと待って欲しい.RngやErrは野手の挙動の対象が打球や守備機会であり,12球団合算の数字であるのに対して,DPRやARMは対打者走者ないし走者の要素が絡み,リーグ内の走塁能力に影響を受ける指標である.さて,ARMの指標がパの方が悪くセのほうが良いということを頭に入れて打撃成績の中のBSR(走塁指標)を見る.ARMの逆になるので当然だが,パの方が良くてセの方が悪い.つまり,パの方が脚が早い.DPRやARMはその影響も受けているのではないか?
 ごく単純に考えて,守備範囲が広いやつは脚が早いだろうし,脚が早い奴は守備範囲が広いだろう.特にUZRの中でもRngの数字は脚力に影響を受けやすいということがこれまで度々指摘されてきた.脚力という身体能力において,パの選手がセの選手と比較して良いということを仮定すると,RngだけでなくARMやDPRなどの守備指標およびBSRの走塁指標を一環して説明できるのではないか?
 もちろん,パの選手のほうが肩が弱いという可能性は否定できない.パの選手のほうが守備範囲が広いが肩はセの選手の方が平均的に良いという二つの仮定が入ったモデルは現実をよく説明する.しかし,パの選手のほうが脚力があるという単一の仮定で現実の指標の傾向を説明できてしまうモデルの方が優れているのは,オッカムの剃刀の原理から明らかである.
 交流戦中のセパ毎の盗塁成功率等の指標を持ち出してこの傾向について議論することが可能かもしれない.ただ,十分な数のサンプルが集まるとは言えない可能性も十分にある(調べようとも思ってない).現時点で確実に言えるのは,セではアウトになる打球がパではアウトにならないという傾向だけだが(単にデータの傾向を述べているにすぎない),隠されたモデルとして脚力という身体能力においてパが勝るのではということを推定しておきたい.

 上記のモデルには一つだけ欠陥がある.打席に立った投手が放つ打球によるUZRの増減および出塁した投手による走塁貢献=BSRの増減を考慮していない.投手は平均的に弱い打球を放つが,これを処理することによるUZRの増減が無視できないレベルで積み上がっている可能性はある.また,投手は平均的に走塁が下手であることは考えられる.これらの可能性を排除するためには全打球貢献および走塁貢献の投手による寄与分を算出する必要があるが,現状DELTAで公開されている指標ではそこまでたどり着けない.個人的には,処理の容易な打球のUZRへの貢献は小さく,投手の出塁数が少ないため走塁への貢献も少ない,と考えるが.

 セの方がパより弱いことは,統計学的な検証をしていないが,ここ十年の積み重ねで明らかだろう.セがなぜ弱いのかという議論はされてきたが,どう弱いのかということにはあまり触れられて来なかった.打撃や投球の簡単な指標では,あらゆる指標で負けている,ということしかわかっていなかった.そしてそれは指名打者の存在を含めたチーム編成の問題であるという議論が比較的有利だった.今回の結果は,編成だけでなく選手の能力の平均値そのものがパ>セとなっている可能性を示しているが,その検証のためには結局のところ投手の影響を排除しなければならないことも否定できず,そういう意味ではやや不完全である.今後の検証に期待したい.
posted by terarorz at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック