2018年07月16日

横浜駅SF

これを2017年の感想に書くのはおかしいが.というのも,カクヨムの時に一度全部読んだので.

「改築工事を繰り返す<横浜駅>が、ついに自己増殖を開始。それから数百年――JR北日本・JR福岡2社が独自技術で防衛戦を続けるものの、日本は本州の99%が横浜駅化した。脳に埋め込まれたSuika で人間が管理されるエキナカ社会。その外側で暮らす非Suika 住民のヒロトは、駅への反逆で追放された男から『18きっぷ』と、ある使命を託された。はたして、横浜駅には何があるのか。人類の未来を懸けた、 横浜駅構内5日間400キロの旅がはじまる――。」

まあこの設定で面白くなかったら詐欺でしょ.
実際,物語展開に不満が無いわけではないが,設定の面白さで長編を最後まで走りきれるのはすごい.
この世界をもっと見てみたいと思わせるだけの筆力はあった.
その多くの人間が抱いた思いは,当然後に結実するのだが,それはまた別のお話.
posted by terarorz at 20:06| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

征途 愛蔵版

愛憎版とか呼ばれてたけど.
今更出すならもう少し加筆とか改定とか欲しかった.
ただまあ「晴れた日はイーグルに乗って」は読んだことがなかったので良しとしよう.
征途自体は佐藤大輔のデビュー作ではあるが,晴れた日は〜にはその後佐藤大輔が描こうとした世界がいくつも出てくるので,佐藤大輔ファンにはおすすめ.
高いけど,線香代だと思って払いねえ.
posted by terarorz at 20:03| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首都圏 住みたくない街

関東とりわけ東京近郊に生まれ育った人間をターゲットに,首都圏のいろいろな街の下世話な格付けをこれでもかと積み上げていくスタイル.
簡単に言うと「だいたいあってる」という感想になる.
ただこれを真に受けると住める街がなくなるが.
東京近郊で生まれ育った人間にのみ超オススメ.
posted by terarorz at 20:00| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人類は衰退しました 未確認生物スペシャル

短編集はいまいちですね,ってこれ前にも書いたな.
前の短編集の感想で書いたわ確か.
深刻にならないわたしは語り部というより最強兵器すぎて.
posted by terarorz at 18:58| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自爆する若者たち

何らかの革新によって人口爆発が起こると,既得権益に対して人口が余るので後先考えない行動が増えるという話.
それが宗教戦争と絡めばISISになるし大航海時代と絡めば新大陸を発見する,経済戦争と絡めば高度経済成長期を生む.
そのうち女の社会進出と高学歴化に伴って出生数が落ちれば若手の人口爆発=ユースバルジは消え,いつか高齢化社会へと至る.

これまでの人類の歴史における同様の事例を何度も何度も何度も並べてくれるので,前述のテーゼをすっかり信じ込むに至ってしまった.
高度経済成長期は勤勉な日本人の努力の結果ではなく,人口爆発ボーナスと為替固定ボーナスの相乗効果であること,あるいは団塊の世代の犯罪率の高さについても上手く説明されてしまったし.
posted by terarorz at 18:49| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エルフと戦車と僕の毎日II

佐藤大輔.
前巻は正直期待外れでハーレムラノベ向いてないなこの人って感じであったが,だんだん血生臭くなってくるに従って徐々に佐藤大輔らしく読み応えが出てくる.
圧倒的に絶望的な状況から奮戦とギリギリの幸運で何とかなる,のは主人公が第一次中東戦争のイスラエル側を持っているので確定的に明らかなのだが.
といったここから盛り上がるところで,しかし,どうして死んでしまったかなあ.
posted by terarorz at 18:42| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ILC/TOHOKU

リニアコライダーが東北に建設された後の世界,という設定.
野尻抱介,柴田勝家,小川一水と三者三様でなかなか面白い.
お気楽能天気な野尻抱介といつの間にかロジックを捨てて禅問答を始める小川一水とか,個性が出ている.
読む価値はあり.
posted by terarorz at 18:38| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月15日

地球連邦の興亡4

いやだからなんでこんな順番で読んだの君.
佐藤大輔の作品のクライマックスはあっさりしていることが多い.
後日談のようなものが比較的長かったり,種明かしのシーンがあったりするからだ.
本作は違う.
血が沸くような興奮のままプッツリと切れる.
数ある佐藤大輔の作品の中でも名作の一つに数えられるのは,そのクライマックスが原因かもしれない.
posted by terarorz at 18:51| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

重力アルケミック

森見登美彦の大学生生活もの,とは一線を画する,理系大学生の理系大学生による理系大学生のための小説.
燃素とか重素とかがある世界を当たり前のように描写されるので,こちらも「はぁ」とか言いながら受け入れるしかないのである.
これは著者の作風で,何しろ「横浜駅SF」を書いた人なので.
あれが好きな人は多分これも好き.
posted by terarorz at 18:23| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勉強できる子卑屈化社会

なんで君はこんなの読んだんですか…?
これには回答があって,職場の大多数より自分が高学歴であることに関して揶揄されるケースが日常的に多く,なんで俺がこんな思いをしながら我慢しなきゃならんのだと怒りをためていたからですね.
そこでこんなタイトルの本に飛びついて,そこに乗っているあるあるネタを読めば安心できると思ったのでしょうな.

安心,できましたか?
できませんでした….

こういう内容で心が休まる時期というのはもう過ぎてしまったわけです,君は.
自分がどうでもいいと思っていることに関してネチネチとネタにされるのがうっとおしいという感情は,そのどうでもいいと思っていることを見つめ直したところで解決しない.その感情の原因は100%外因性で自分が気にしても状況は変わらない.
端的に言ってその集団とは合わなかったのだから,さっさと転職して正解だったという他にない.
何しろ,転職した今の自分は,この本を読もうとした自分が一体どんな心理状況だったのか,理解はできても納得はできないでいるのだから,この程度の経験なんて一過性なものなわけです.
posted by terarorz at 18:08| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする