2018年02月17日

レイテと瑞鶴

太平洋戦争における大日本帝国海軍を艦娘によって物語化するとしたら主人公は誰か.
色々意見はあろうが,私見ではこれは二人に集約される.
<大和>か,<瑞鶴>である.

言うまでもなく太平洋戦争で大日本帝国海軍は滅んだ.その最後を見届けた艦船はいくつかあるし,最後の組織的戦闘の勝利に焦点を合わせるという考え方もある.しかし,直線的に考えて,大日本帝国海軍を象徴するために必要なのは敗北であろう.坊ノ岬沖海戦で奮戦の末に沈んだ<大和>には象徴を名乗る権利は確かにある.
だがしかし,太平洋戦争の大規模海戦はほぼ空母同士の航空戦であった.大日本帝国海軍は空母機動部隊を失った際に滅んだと言っても差し支えあるまい.<大和>も空母機動部隊に沈められているのだし.
大日本帝国海軍の空母機動部隊が滅んだのは(マリアナという意見もあろうが)レイテ沖海戦においてである.これ以降,機動部隊として戦った例は無い.たとえ囮という役割であっても,レイテ沖海戦が大日本帝国海軍における空母機動部隊の最後の戦いであった.
そしてその中心には<瑞鶴>が居た.

大日本帝国海軍の空母機動部隊の中心はほぼ全ての期間において<翔鶴>であり<瑞鶴>であった.<赤城>,<加賀>,<蒼龍>,<飛龍>は,ミッドウェーに沈んだ.実に1942年6月のことである.それから1944年10月のレイテ沖海戦で壊滅するまで,2年半に渡って空母機動部隊における最新鋭あるいは最大の空母は翔鶴型であり続けた.マリアナで加わった<大鳳>は<翔鶴>と共に沈んだ.そう,大日本帝国海軍の空母機動部隊を最初から最後まで勤め上げたのは<瑞鶴>だけと言って良い.すなわち,主人公は,<瑞鶴>しかあり得ないのだ.
(<瑞鳳>だけは異論を挟む余地がある.また,それゆえ,<瑞鶴>×<瑞鳳>というのはとても萌えるカップリングである.が,それはここでは置いておく)

艦これにおける<瑞鶴>のキャラデザは控えめに言って最高である.
なぜか.
貧乳,ツインテ,ツンデレ,実に完璧な「妹分」だからである(余談だが遠坂凛を連想させる).
やや過保護な姉の<翔鶴>とそれに甘える<瑞鶴>.
「五航戦と一緒にしないで」と<加賀>に蔑まれる<瑞鶴>もまた妹分としてのキャラ立ちである.
一航戦,二航戦の先輩を失ってもなお,<瑞鶴>には姉として<翔鶴>が居た.何のめぐり合わせか,被害担当艦として「幸運の女神」として<瑞鶴>を守ってくれる<翔鶴>が.<瑞鶴>はいつまでも妹で居られた.
マリアナで<翔鶴>が沈むまでは.

レイテに挑む時,<瑞鶴>は押しも押されもせぬ,大日本帝国海軍の空母機動部隊の象徴だった.
守ってくれる存在が全て居なくなり,むしろ皆を守る立場に立たされた<瑞鶴>が何を思ったか.
そして自分たちの役割は囮であり出来るだけ多くの敵を吸引して死ぬことが求められているという時に.
何らかの決意があったことだろう.
悲劇の主人公としての自らという立場を臆することなく受け入れる力強い決意が.
死を覚悟しながら決して後ろ向きではない崇高な決意が.
誰にも打ち明けられない弱音を飲み込んで.
(※<瑞鳳>だけはわかってやれたかもしれない)

2018年冬イベにおけるグラ更新で,ここ一番という<瑞鶴>の姿に感動を覚えたことを,ここで白状する.
決意を込めた力強い眼差しの<瑞鶴>の姿に.「妹分」の象徴であったツインテールを捨てた<瑞鶴>の姿に.白装束の<瑞鶴>の姿に.
…死に装束の<瑞鶴>の姿に.

貧乳,ツインテ,ツンデレ,そしてここ一番での覚悟と決意.
主人公にふさわしいのはお前だ,<瑞鶴>.
posted by terarorz at 20:18| Comment(0) | ゲームとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

航空宇宙軍史完全版4

エリヌス-戒厳令-と仮装巡洋艦バシリスクのセット.

前者はエリヌスで起こったクーデター未遂とその顛末の話.これはこれでもちろん面白い.しかし後者の,特に「砲戦距離12,000」が宇宙戦争SF史に残る(と勝手に思っている)ヴァルキリーについての2つの話が最高なので,それしか印象に残らないのだ.もちろんエリヌス-戒厳令-は単品で十分面白いのだが.

続きを読む
posted by terarorz at 23:19| Comment(0) | 本とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デルタ・ベースボール・リポート1

DELTAは調子に乗っているとしか思えんのでヌルデータには復帰してもらわんと困る.
それはそれとして,NPBとそれ以外の配球の差や落合中日の強さの理由についての記事など面白いものがいくつかあって良かった.問題は,余りに少ないデータで「配球の文脈」を追おうとした記事など低レベルなものが混ざっていること.これはそのうち淘汰されると信じたいが.
全体的に,どうしてもデータ解釈というのはレトロスペクティブになりがちだが,何とかプロスペクティブな記事が増えると良いのだが.
posted by terarorz at 22:53| Comment(0) | 本とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明るい公務員講座

何と言うか…仕事が進まなくて悩んでいた時期が2017年はあったんだなって証拠が…出てきたなって…
posted by terarorz at 22:47| Comment(0) | 本とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドイツ軍事史

ドイツ帝国は,誕生から終焉まで200年と保たなかったが世界史に多大な影響を与えた.それを支えたのがプロイセンに端を発する強大な軍事力であったと言っても良いのではないか.
ところで,自分は独ソ戦については多少パウル・カレルの本を読んだとはいえ,ドイツ帝国の軍事史については知っているとはとても言えない.
なので,勉強しようと思って買った.

全体的には各論の寄せ集めで統一的な理解を深めることが出来たかどうかは疑問があるが,読んでいて面白かったとは言える.
現在の「ドイツ第四帝国」は軍事力には支えられていないが,ドイツ人という一筋縄ではいかない存在を理解するのに,何か役に立つかもしれない.
posted by terarorz at 18:13| Comment(0) | 本とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こちら秘封探偵事務所 萃夢想編

萃夢想はいつでも一旦の箸休めみたいなところがあって,本作でもそう…かと思いきやそうでもない.幻想郷のあり方,つまり「他人の認識が自己を規定する」という論理の確立がここで果たされた.その実例として伊吹萃香が使われたという感じ.
文を言いくるめる蓮子とか,天狗の里の面々とか,風神録を見据えて登場人物が増えて賑やかでキャラ小説としても良い感じでした.

続きを読む
posted by terarorz at 17:51| Comment(0) | 本とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こちら秘封探偵事務所 妖々夢編

前作と一緒,本編の矛盾点や語られていない設定を謎に見立ててミステリやります.
底本になっているのが,作者自身の数年前の小説であったので,そこからの変遷を非常に楽しく読めた.
回答のぶっ飛び具合は前作を超える(というか作者史上最長では)のでちょっと追いきれない部分もあるが,そうかもしれないと思わせる豪腕は相変わらず.うっかりするとここの二次設定が自分の中の幻想郷に侵食してくるから気をつけよう.

続きを読む
posted by terarorz at 17:28| Comment(0) | 本とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こちら秘封探偵事務所 紅魔郷編

幻想郷でミステリは難しい.妖怪が絡まない人間の里での出来事ならともかく,妖怪を登場させるとノックスの十戒なぞ軽く吹き飛ばす奴らが山ほど居る.でもミステリがやりたい.
ミステリの本質は謎解きと辻褄合わせであって殺人事件である必要はない.そして,そもそも東方Projectの物語はすでに何らかの事件であるし,その設定には時々齟齬があったりする.
であるならば,物語の矛盾点を謎と定義してその辻褄を合わせる物語であればミステリたりうるのか.
イケるやん!というのが本作品を読んでの答えである.
蓮子の作り上げた回答にはまるで及ばなかったが,楽しさという意味では十分だった.

続きを読む
posted by terarorz at 16:22| Comment(0) | 本とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

航空宇宙軍史完全版III

最後の戦闘航海と星の墓標を合わせて1巻.

最後の戦闘航海の方はガニメデ宇宙軍の戦後処理とロックウッド大佐と作業体Kを結びつけ,太陽系内のローカルな戦争から太陽系外での「シャフト」等のSFへと切り替える重要な作品.個人的には航空宇宙軍史において太陽系外の話は蛇足だと思っているが,この戦後処理に関わるいくつかの短編からなる最後の戦闘航海は十分面白いと思っている.

星の墓標の方はダンテ隊長とタナトス戦闘団の最期,およびシャチのジョーイが辿った奇妙な旅の話.ありふれた名作,という域を飛び越えて特筆すべき存在となるのはやはりヴァルキリーが登場するから.後にヴァルキリーメインの大傑作があるのでヴァルキリーについての感想はそちらに譲るが,宇宙規模での長距離砲戦における弾着観測システムについての議論は萌える.
posted by terarorz at 16:02| Comment(0) | 本とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あるいは自分自身の怪物

感情がない設定なのに行動原理が感情の主人公っていうラノベ,そんなに読んでないけど一杯ありそう.たぶんその主人公は不幸な生い立ちがあって,でも努力と天性の力のお陰でこれまで生きてきて,その筋では一目置かれるような存在なのかもしれない(あるいは大衆には認知されていないところで強大な力を持っている,とか).パッとしない中高生が自尊心を満たすのには最適の取り合わせ.オチは当然セカイ系.
非常に類型的で,本作もそのうちの一本.

じゃあお前何で買ったんだよと言われると困るが,たぶんタイトルに「あるいは〜」が含まれると自動的に買うための障壁が下がるんだと思う.博士の異常な愛情の邦訳者に感謝だ.
posted by terarorz at 15:49| Comment(0) | 本とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする